連載
» 2018年09月10日 09時00分 公開

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(8):野球「マジック」点灯のバグ(その1:問題編) (3/5)

[山浦恒央 東海大学 大学院 組込み技術研究科 非常勤講師(工学博士),TechFactory]

優勝可能性の判定

 上記の時点で優勝や最下位が決まっているかもしれませんので、まずはその可能性をチェックします。アルゴリズムは以下の通りです。

(1)AとBに対し、Aが残り試合を全勝し、Bが全敗した場合の勝率をそれぞれ計算する。

(2)BとAに対し、Bが残り試合を全勝し、Aが全敗した場合の勝率をそれぞれ計算する。

(3)BとCに対し、Bが残り試合を全勝し、Cが全敗した場合の勝率をそれぞれ計算する。

(4)CとBに対し、Cが残り試合を全勝し、Bが全敗した場合の勝率をそれぞれ計算する。

(5)AとCに対し、Aが残り試合を全勝し、Cが全敗した場合の勝率をそれぞれ計算する。

(6)CとAに対し、Cが残り試合を全勝し、Aが全敗した場合の勝率をそれぞれ計算する。

 同じような処理を6回繰り返しますので、1つ作ってコピペして一部を変更すれば、残りの5つも簡単に出来ます(プログラミングしなくても、Excelで簡単に計算可能です。下にExcelでの計算結果を挙げます)。

photo Excelでの計算

 この結果から、以下が分かります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading