ニュース
» 2018年07月06日 07時00分 公開

矢野経済研究所:機械系CAE市場の成長率は2020年まで右肩上がり、以降は徐々に鈍化へ

矢野経済研究所は、機械系CAE(Computer Aided Engineering)市場に関する調査結果の概要を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

製造業の強気な設備投資はCAE市場にも好影響

 矢野経済研究所は2018年6月20日、機械系CAE(Computer Aided Engineering)市場に関する調査結果の概要を発表。好調な経済環境を背景に、堅調に推移した2017年の機械系CAE世界市場を調査し、市場の将来展望を明らかにした。

 2017年の機械系CAE世界市場規模(事業者売上高ベース)は、前年比6.7%増の33億6500万米ドルになった。2018年も同8.2%増の36億4000万米ドルになるとみられ、2020年ごろまで市場規模は右肩上がりで推移すると考えられる。その背景には、好調な経済環境があり、全世界の製造業は強気な設備投資を継続。その結果として、近年のCAE市場は極めて好調に推移するという。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading