特集
» 2018年05月16日 07時00分 公開

Arm Mbed Platform:「IoTはシンプルでなくては」Armが考えるIoTの課題

Armが近年、コアIPの提供だけではなくIoTへの取り組みを強化している。IoTサービスグループの統括者が来日し、IoTにおける現状の課題と同社が提案する解決案について語った。

[渡邊宏,TechFactory]
Dipesh Patel(ディペッシュ・パテル)氏 ArmにてIoTサービスグループを統括するDipesh Patel(ディペッシュ・パテル、写真左)氏と日本法人のアーム代表取締役社長 内海弦氏(写真右)

 エレクトロニクス業界においても「IoT」は大きな意味を持つといわれているが、IoTの目指すところはサービス(体験)の提供であって、「どのように実装するか」はそのサービス(体験)に依存するところが大きい。しかしながら、デバイス開発の側からすれば不確定要素が多すぎては要件定義すらままならない。

 組み込みシステムにおいて大きなシェアを持つArmは近年、コアIPの提供だけではなくIoTに関する取り組みに注力している。同社でIoTサービスグループを統括するDipesh Patel(ディペッシュ・パテル)氏が来日し、IoTにおける現状の課題と同社が提案する解決案について語った。

IoTには3つの課題がある

 パテル氏は資料をひもときながら「2025年までに、IoTは11兆ドルの価値を生む」「2035年には1兆個のIoTデバイスが世に送り出されている」と未来の姿を語るが、そうした未来に向けて未解決の課題があるとする。「デバイスの多様性」「セキュリティ」「データ運用性」の3つだ。

 IoTデバイスはスマートフォンからPC、産業機器、ヘスルケア製品、照明機器などさまざまな形態がその名で呼ばれることになり、そこから得られるデータは活用されるまで安全に運用されなくてはならない。加えて、IoTの概念からすればインターネットを利用している既存システムとの連動性(インターオペラビリティ)も重要になると指摘する。それに用途や機器によってはオンプレミスでの運用が求められる可能性もある。


 鮮やかに語られる「IoTの未来」を実現するための課題は山積しているといえるが、パテル氏は「幸運なこともある」と話す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.