ニュース
» 2018年05月11日 12時00分 公開

ソフトバンク NB-IoT:NB-IoTが月額10円から、ソフトバンクがLPWAの覇権狙う

ソフトバンクがIoT向けLTE規格であるNB-IoTおよびCat.M1のネットワーク構築を完了し、商用サービスを開始したと発表した。

[提供:EE Times Japan編集部,TechFactory]

 ソフトバンクは2018年4月26日、IoT(モノのインターネット)向けLTE規格(セルラーIoT規格)であるNB-IoTおよびCat. M1(カテゴリーM1)のネットワーク構築を完了し、商用サービスを開始したと発表した。同社によれば、NB-IoTの商用サービスを開始したのは、「国内では初めて」だという。同社が既にサービスを開始しているCat. 1に続く、セルラーIoTのサービスとなる。

 ソフトバンクは今回の商用サービスの開始に合わせて、専用の「IoT料金プラン」を用意した。同社は、IoTを活用するための「IoTプラットフォーム」を法人向けに提供しているが、このIoTプラットフォームと併用することで、契約回線数にかかわらず、1回線当たり10KBまで月額10円(税別)で利用できるプランなど、月々のデータ通信量に合わせて4種類のプランを提供する。この他、IoTプラットフォーム利用料として、初期費用と月額費用がかかる。

「IoT料金プラン」の一覧 出典:ソフトバンク 「IoT料金プラン」の一覧 出典:ソフトバンク

 ソフトバンクの発表によれば、NB-IoTの最大通信速度(理論値)は、下りが27kbpsで上りが63kbps。Cat. M1は下りが0.8Mbpsで上りが1Mbpsとなっている。今後は、村田製作所、Gemalto、Sierra Wireless、Quectel Wireless Solutionsと、NB-IoTおよびCat. M1に準拠した通信モジュールを順次提供する予定だ。

 ソフトバンクは2016年11月に、Huaweiのプライベートイベント「第7回グローバル・モバイル・ブロードバンド・フォーラム」において、NB-IoTのデモを行っていた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading