ニュース
» 2018年04月19日 07時00分 公開

ミック経済研究所:AIによる予兆保全は2018年「成長期」へ

製造業においてAI(機械学習)を利用した予兆保全にかかる期待は大きいが、2017年時点ではまだ実証実験にすぎず、本格的な利用は2019年以降になるとの予測をミック経済研究所が発表した。

[渡邊宏,TechFactory]

 製造業においてAIを利用した予知保全に注目が集まっているが、現在はまだ実証実験のレベルであり、市場の立ち上がりは2019年以降になるとの予測をミック経済研究所が発表した。

 製造ラインや製造機器の故障を事前に検知する「予知保全」の取り組みは以前から行われており、それは稼働時間測定やしきい値の設定などで行われてきたが、「どこからが要注意であるか」の判断は熟練作業者の経験やノウハウによるところも多かったのが実情である。

 そこで注目されたのが、現場から取得される生産データやセンサーデータを収集してAIで分析し、これまで作業者の経験やノウハウで判別されてきた「頃合い」を導き出そうという取り組みである。

予知保全ソリューションの市場規模予測(出展:ミック経済研究所) 予知保全ソリューションの市場規模予測(出展:ミック経済研究所)

AIによる予知保全は2018年に「成長期」へ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading