連載
» 2018年04月12日 09時00分 公開

つながる世界の開発指針(2):つながる世界の「安全安心」に向け、考慮すべき17の項目 (1/3)

IoTの実現とは「つながる世界」の実現に他ならない。しかし、そこにはリスクもある。ではそのリスク対策はどのように行うべきか、検討すべき項目を紹介する。「何を」「どのように考えるべきか」を整理することで、安全安心の実現に一歩近づけるはずだ。

[IPA/SEC 調査役 宮原真次,TechFactory]
つながる世界の開発指針(第2版) 「つながる世界の開発指針」(第2版)

 情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター(IPA/SEC)が公開した「つながる世界の開発指針」(2016年3月公開:以下、本開発指針)とは、IoT機器やシステムの安全安心を確保するために考慮すべき要件を、経営層や開発者向けに分かりやすく整理したものである。

 本連載はこの開発指針を解説するものであり、第1回ではつながる世界にはリスクがあることを理解し、リスク対策は「経営マター」と認識して行動することが重要であると紹介した。今回はつながる世界のリスク対策を講じる際、検討すべき項目を紹介する


IoTを「System of Systems」として捉える

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.