ニュース
» 2018年04月05日 15時00分 公開

ビル風の原因をより容易に把握:熊谷組、流体解析とVRを融合して風の流れを“見える化”する技術を開発

熊谷組は、流体解析とVR(仮想現実)を組み合わせ、目に見えない3次元の風の流れをVR空間で可視化する技術を開発した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 熊谷組は2018年3月、VR(仮想現実)を活用して、風の流れを可視化する技術を開発したと発表した。流体解析とVR技術を組み合わせ、目に見えない3次元の風の流れをVR空間で可視化するもの。紙の資料から検討する従来方法に比べ、複雑な風の流れを視覚的に捉えられ、ビル風の原因をより容易に把握できる。


 同技術は、「流体解析」と「VRアプリケーション作成」の2つのシステムから成る。両システムはそれぞれ独立しており、流体解析ソフトウェアの種類を問わず、VRによる可視化が可能だ。

 流体解析システムは、解析結果から得た風速や風向きのデータを指定のフォーマットで出力する。また、VRアプリケーション作成システムは、この解析データと建物周辺の3Dモデル、プラットフォームUnityを用いて、VR空間で風の流れを可視化するアプリケーションを作成する。

出典:熊谷組 出典:熊谷組

 画像を投影する端末機には、Androidスマートフォンで動作するサムスンのGearVRを採用。専用のPCを用意する必要がないため、会社から離れた場所でのプレゼンテーションや打ち合わせにも使える。

 VRアプリケーションをLANに接続すれば、同じ空間を複数の人が同時に体験でき、VR空間内を自由に歩き回れる。これにより、打ち合わせやプレゼンテーションの際、参加者の間で、意思疎通が図りやすくなる。

 また、専門知識がなくても「どこでどのように風が流れるのか」「強い風、弱い風がどこで吹くのか」を視覚的に捉えられる。これにより、設計者や顧客との合意形成や、強風による事故について注意を促すためのツールとして活用できる。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.