ニュース
» 2018年03月16日 15時00分 公開

生産性や品質改善サイクルを高速化:三菱電機、受配電システム製作所に「e-F@ctoryコンセプト」のIoT工場を竣工

三菱電機は、受配電システム製作所(香川県丸亀市)にIoTなどを活用した「真空バルブ・遮断器工場」を竣工(しゅんこう)した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 三菱電機は2018年2月20日、受配電システム製作所(香川県丸亀市)にIoT(モノのインターネット)などを活用した「真空バルブ・遮断器工場」を竣工(しゅんこう)した。「e-F@ctoryコンセプト」を導入し、受注から組み立て、出荷までの生産情報を一元化することで、生産性および品質の改善サイクルを高速化する。


 建築面積は1万2935m2、鉄骨S造で地上2階建て。組み立てや試験ライン、設計、工作、品管部門の事務所としての利用を想定している。主な生産品目は、真空バルブと遮断器。同年3月から順次ラインを稼働し、同年7月から本稼働を開始する予定だ。

 今回同社では、敷地内に分散していた真空バルブ生産工場と遮断器組み立て工場を集約。一部に自動組み立て試験装置を導入し、部品製造から組み立ておよび出荷まで一貫した製造ラインを構築する。また、スマート中低圧直流配電ネットワークシステムと同社製の省エネ機器を導入し、消費エネルギーを削減する。

「真空バルブ・遮断器新工場」外観 出典:三菱電機 「真空バルブ・遮断器新工場」外観 出典:三菱電機

 真空バルブ・遮断器は、再生エネルギー関連設備の導入や電力、鉄道、工場での既設配電設備の更新などにより、国内外において中長期的に需要拡大が見込まれている。同社は、新工場の稼働により生産能力の確保と製品競争力の強化を図り、さらなるシェアの拡大を見込む。海外での新規市場開拓を進め、2025年までに、真空バルブ単品と遮断器の売上高で120億円以上を目指すとしている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.