ニュース
» 2018年02月24日 09時00分 公開

TechFactory通信 編集後記:メモリなき東芝と新CEO

メモリ事業の売却先が決まり、東芝は債務超過の解消も見えてきました。ですが、世界的な好況にある半導体の事業を切り離した企業にとって、今後のかじ取りは困難なものになります。外部より招かれたCEOの手腕に注目です。

[渡邊宏,TechFactory]

 メモリ事業の売却で債務超過の解消を目指す東芝は、投資会社の米BainCapitalを軸とする企業連合を売却相手に選び、現在はその手続きを進めています。その東芝が2018年2月14日に発表した2018年3月期(2017年度)第1〜3四半期(4〜12月)業績はメモリ事業の好調さと立ちこめる暗雲を暗示する内容となりました。

TechFactory通信 編集後記

この記事は、2018年2月19日発行の「モノづくり総合版 TechFactory通信」に掲載されたTechFactory担当者による編集後記の転載です。

⇒メール購読についてはコチラから


メモリ好況、黒字転換を果たすが

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading