特集
» 2018年02月21日 08時00分 公開

SOLIDWORKS WORLD 2018:ホットロッド、超音速旅客機、ジェットボード、そしてハリウッド映画――「SOLIDWORKS」活用事例 (1/4)

米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された「SOLIDWORKS」ユーザーの祭典「SOLIDWORKS WORLD 2018」(会期:現地時間2018年2月4〜7日)では、カスタムカーや超音速旅客機、水上ジェットボード、ハリウッド映画のセットなど、SOLIDWORKSを活用したさまざまな設計開発事例が披露された。

[八木沢篤,TechFactory]

 米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された「SOLIDWORKS WORLD 2018」(会期:現地時間2018年2月4〜7日)では、3次元設計ソリューション「SOLIDWORKS」を活用した設計開発事例が多数披露された。

 本稿では、筆者が注目した4つのSOLIDWORKS活用事例を紹介する。

出典:Dassault Systemes SolidWorks|The SOLIDWORKS Blogより 出典:Dassault Systemes SolidWorks|The SOLIDWORKS Blogより
  1. 「AMC Javelin」をクレイジーなカスタムカーに再構築
  2. 超音速旅客機「XB-1」の全ての設計にSOLIDWORKSを活用
  3. スケッチ開始から12カ月で量産へ、ジェットボード「Mako Slingshot」
  4. ハリウッド映画のセットや装置を創造するSOLIDWORKS

「Javelin」をクレイジーに再構築、SOLIDWORKSによるデジタル製造革新

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.