ニュース
» 2018年02月15日 09時00分 公開

SOLIDWORKS WORLD 2018:HPがフルカラー対応の3Dプリンタを投入、後処理などもオールインワンで

米HPは「SOLIDWORKS WORLD 2018」の基調講演の会場において、インクジェット技術を応用した「HP Multi Jet Fusion technology」を採用する3Dプリンティングソリューションの新製品「JetFusion 300/500シリーズ」を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 米HPは2018年2月5日(米国時間)、3次元設計ソリューション「SOLIDWORKS」の年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS WORLD 2018」(米国カリフォルニア州ロサンゼルス)の基調講演の会場において、インクジェット技術を応用した「HP Multi Jet Fusion technology」を採用する業務用3Dプリンティングソリューションの新製品「JetFusion 300/500シリーズ」を発表した。

米HPが「SOLIDWORKS WORLD 2018」の開催に併せて発表した、新しい3Dプリンタ「JetFusion 300/500シリーズ」 米HPが「SOLIDWORKS WORLD 2018」の開催に併せて発表した、新しい3Dプリンタ「JetFusion 300/500シリーズ」

 最大造形サイズはJetFusion 300シリーズが190×254×248mm、同500シリーズが190×332×248mmであり、積層ピッチは0.08mmとなる。製品ラインアップは造形カラーごとに分類されており、白色または黒色での造形が可能な「HP Jet Fusion 340/540」と、フルカラーでの造形が可能な「HP Jet Fusion 380/580」の計4機種からなる。主に、最終試作の製造を行う中小規模の組織や教育機関などをターゲットにしており、5万米ドルの価格帯から購入可能だとする。既に受注を開始しており、2018年後半に出荷する予定だという。


量産レベルの技術を試作で活用、JetFusion 300/500シリーズの利点とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.