ニュース
» 2018年02月15日 12時00分 公開

QINeS BSW:国産のAUTOSAR準拠BSWをカーエアコン用電動コンプレッサーが採用

SCSKの「QINeS BSW」が、サンデン・オートモーティブコンポーネントが開発するカーエアコン用電動コンプレッサーの次世代モデルに採用された。同BSWは車載標準規格「AUTOSAR」に準拠しており、車載ECU開発の品質と生産性を向上させる。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 SCSKは2018年1月16日、同社のベーシックソフトウェア(BSW)「QINeS BSW(クインズ ビーエスダブリュー)」が、サンデン・オートモーティブコンポーネント(サンデンAC)が開発するカーエアコン用電動コンプレッサーの次世代モデルに採用されたと発表した。


 QINeSは、車載ソフトウェアの標準規格「AUTOSAR」に準拠するBSWを中心とした一連のソリューション。開発や管理プロセスの構築、教育、及びエンジニアリングサービスをワンストップで提供する。ソフトウェアの再利用と自動化により、車載ECU(エンジンコントロールユニット)開発の品質と生産性を向上させる。

 カーエアコン用電動コンプレッサーは、サンデンACの主力製品の1つだ。サンデンACでは、世界的なEV(電気自動車)、HEV(ハイブリッド車)の需要拡大を見込んで電動コンプレッサーの次世代モデルを開発しているが、多数の自動車完成車メーカーへ横展開するには、品質基準の高さを維持しながら短期間での製品開発が望まれる。そのため、搭載ソフトウェアの基盤部分をAUTOSARに準拠する形で標準化する必要があった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.