ニュース
» 2017年11月29日 15時00分 公開

シーメンスPLMソフトウェア NX:最新版「NX」では電気、機械、制御を統合した複合領域設計が可能に

シーメンスPLMソフトウェアは、RFLP(要件・機能・論理・物理)手法に基づくシステム駆動型製品開発ツール「NX」の最新版を発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 シーメンスPLMソフトウェアは2017年10月、RFLP(要件・機能・論理・物理)手法に基づくシステム駆動型製品開発ツール「NX」の最新版を発表した。メンター・グラフィックスの「Capital」「Xpedition」と連携し、電気系、機械系、制御系を統合した複合領域設計を可能にする。


 今回発表した最新版では、精密なジオメトリとメッシュ・ジオメトリを操作してモデリングできる「Convergent Modeling」技術をベースに、設計の最適化、高度なジオメトリ作成、フリーフォーム形状、パラメトリック設計のためのツール・セットを提供する。

 また、シーメンスが買収したメンター・グラフィックスの技術を採用。電気系統と機械系統の連携を密にした。具体的には、電気設計ツールと3Dモデルをリンクさせることで、クロス・プロービングを含むコデザイン(Co-design)を可能にした。

 電気設計だけでなく、造船業など大量の配管を設計する業界にも対応する。例えば、配管図と計装図を2Dでレイアウトし、これを3Dの空間モデルに関連付けるツールを新たに搭載した。この同期によって密接な作業が可能になり、ミスの低減と作業時間短縮につなげる。

 他に、格子構造を追加する機能や多様なツールを統合。これらのツール技術を組み合わせることで、形状の最適化を主とする従来のソリューションでは難しかった複合領域設計が可能になるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.