ニュース
» 2017年11月08日 08時00分 公開

Renesas autonomy:ルネサスが車載半導体シェア30%を狙う「何が何でも成功したい」 (1/2)

半導体大手、ルネサスが車載事業で“波”をつかもうとしている。自動運転という大きな波をつかみたいライバルは多数存在するが、焦点を絞り込むことで車載半導体シェア30%を狙う。

[渡邊宏,TechFactory]

 「テレビや携帯では劣勢に回ったが、Renesas autonomyは何が何でも成功したい」

 半導体大手、ルネサス エレクトロニクスが「自動運転」という世界的な潮流をつかみつつある。自動運転やADASの実現に向け、マイコンのみならずセンシングや制御までをプラットフォームとしてパートナーと共に提供するコンセプト「Renesas autonomy」を発表したのは、2017年4月のことだ。

 それから矢継ぎ早にパナソニックやLinux Foundation(AGL)、長城汽車らとの提携を発表し、トヨタ「カムリ」や日産「リーフ」など採用例も増えた。Renesas autonomyの中核を担う車載SoC「R-Car」シリーズについては、センシングや判断、HMIなどの分野で2022年のシェア30%を視野に入れる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.