ニュース
» 2017年10月11日 08時00分 公開

武藤工業 抗菌フィラメント:体温で自由に形状を変更できる抗菌機能を備えた3Dプリンタ用フィラメント

武藤工業は、造形後に体温で形状が変化する新しい3Dプリンタ用フィラメントの販売を、2017年12月1日から開始すると発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 武藤工業は2017年10月2日、造形後に体温で形状が変化する新しい3Dプリンタ用フィラメントの販売を、同年12月1日から開始すると発表した。

 新しいフィラメントは、ユニチカが開発した感温型素材を使用しており、3Dプリンタで造形後の形状を体温程度の温度で容易に変形できる。さらに、このフィラメントにはファイブヘルツの抗菌材料も含まれており、素材表面の抗菌に加え、造形物が置かれた空間の除菌や防臭効果が期待できるという。

新フィラメントで造形したサンプル 新フィラメントで造形したサンプル(出典:武藤工業)

「3D」から「4D」へ、時間の概念を付加する新フィラメントの可能性

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.