ニュース
» 2017年10月06日 08時00分 公開

オムロン ドライバー見守り車載センサー:運転に集中できている? 3つの指標でドライバーを見守る「世界初」のセンサー

オムロンは、ドライバーが自動車の運転に集中できる状態かを判断する技術を搭載した、「世界初」(同社)をうたう「ドライバー見守り車載センサー」を開発した。安全な自動運転の普及に貢献する実用性の高い機能が必要と考え、同センサーの開発に取り組んだという。

[八木沢篤,TechFactory]

 オムロンは2017年9月27日、“ドライバーが自動車の運転に集中できる状態か”を判断する技術を搭載した、「世界初」(同社)をうたう「ドライバー見守り車載センサー」を開発したことを発表した。


 同社は、独自の画像センシング技術に時系列ディープラーニング技術を組み合わせ、ドライバーの多種多様な行動や状態をセンシングし、安全運転に適した状態かどうかを判定する「ドライバー運転集中度センシング技術」を2016年6月に発表。今回、同技術を搭載した車載センサーをさらに進化させる形で、ドライバー見守り車載センサーを開発するに至った。

「ドライバー見守り車載センサー」の技術進化のポイント 「ドライバー見守り車載センサー」の技術進化のポイント(出典:オムロン)

 ドライバー見守り車載センサーは、

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.