ニュース
» 2017年08月18日 09時00分 UPDATE

ラピスセミコンダクタ ML7404:LPWA「デュアルモード」搭載、製品開発の負担を減らす通信LSI

ロームグループのラピスセミコンダクタが、SigfoxとIEEE 802.15.4kの2方式に対応する無線通信LSIを製品化した。

[渡邊宏,TechFactory]

 PCやスマートフォンではなくモノをインターネット接続する「IoTの実装」という観点から注目されている無線通信技術「LPWA(Low Power Wide Area)」だが、最大の問題は複数の技術や規格が存在していることだ。

 利用に際して免許が不要なISM帯域だけを見ても「Sigfox」や「LoRaWAN」といった実績のある規格が存在し、セルラー網利用の技術としてはNB-IoTやLTE-MTCなどの名前を挙げることができる。この他にも、「GreenOFDM」や「DASH7」「RPMA」「Wi-SUN」「NB-Fi Protocol」「RPMA」などが提案・提唱されている。

 複数の規格や技術が並行すると、製品実装に際してはそれぞれの規格/技術に適合したハードウェアを用意しなくてはならず製品製造元の負担は増える。その負担を軽減できるLSIがラピスセミコンダクタの「ML7404」だ。新製品はSigfoxとIEEE 802.15.4kの2方式に対応しており、幅広い用途と使用に応える。

ラピスセミコンダクタの無線LSI「ML7404」 ラピスセミコンダクタの無線LSI「ML7404」

LPWA「デュアルモード」搭載

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.