ニュース
» 2017年06月28日 09時00分 UPDATE

日本HP HP Multi Jet Fusion:「10倍速く、コスト半分」の業務用3Dプリンタ、日本HP「革新起こす」と自信

日本HPが満を持して業務用3Dプリンタ事業を開始する。「10倍速く、コストは半分」をうたう新方式の3Dプリンタを投入することで、「完成品の作成に3Dプリンタを使う」ことを普及させたい考えだ。

[渡邊宏,TechFactory]

 日本HPは2017年6月20日、業務用3Dプリンタ事業の開始をアナウンスした。これまで培ってきたインクジェット技術を応用した「HP Multi Jet Fusion technology」を採用する業務用3Dプリンタ、「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」「同3200」を同年8月より順次販売開始する。価格は約3800万円から(関連記事:米HP、10倍速く低コストな造形が行える高品質業務用3Dプリンタを発表)

photo 「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」のほぼ原寸大ポップと米HP 3D Printing Presidentのステファン・ナイグロ氏

photo 造形例

 既に米国では販売を開始しており、両モデルの主な相違点は1時間当たりのモデリングスピード(4200が4000cm3、3200が2800cm3)と積層ピッチ(4200が0.07〜0.1mm、3200が0.08mm)、半自動取り出しや急冷などを行う「ファーストクリーニングプロセッシングステーション」の対応(4200のみ対応)など。造形エリア(380×284×380mm)や解像度(X/Y軸 1200dpi)などは共通である。

「10倍速い」「コスト半分」を実現する新造形技術

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.