ニュース
» 2017年06月13日 09時00分 UPDATE

東芝 100kW純水素燃料電池システム:世界初の「水素ホテル」に採用された純水素燃料電池システム

東芝は、昭和電工から100kW純水素燃料電池システムを受注したことを発表した。同システムは、大和ハウス工業が川崎市殿町キングスカイフロント地区に建設中の「東急REIホテル」内に設置され、2018年春に運転が開始される予定だ。

[八木沢篤,TechFactory]

 東芝は2017年6月5日、昭和電工から100kW(キロワット)純水素燃料電池システムを受注したことを発表した。同システムは、大和ハウス工業が川崎市殿町キングスカイフロント地区に建設中の「東急REIホテル」内に設置され、2018年春に運転が開始される予定だという。

川崎市殿町キングスカイフロント地区に建設中の「東急REIホテル」 川崎市殿町キングスカイフロント地区に建設中の「東急REIホテル」の外観イメージ(出典:川崎市)

 水素を直接用いて発電する純水素燃料電池システムは、CO2を発生せずに発電が可能で、わずか5分間で発電を開始することができる。100kW純水素燃料電池システムは、東芝グループの純水素燃料電池システムにおける最大のラインアップであり、山口県周南市地方卸売市場や、総合化学メーカーのトクヤマの実証プロジェクトで稼働している。

東芝の100kW純水素燃料電池システム 東芝の100kW純水素燃料電池システム(出典:東芝)

ホテル全体で使用するエネルギーの約30%を水素エネルギーで賄う

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.