特集
» 2017年06月07日 09時00分 UPDATE

パナソニック モノづくり革新センター:機械と人の融合が可能にした最高画質、4K有機ELテレビはこうして作られる (1/2)

パナソニックが販売を開始した「ビエラ史上最高画質」をうたう4K有機ELテレビ「TH-65EZ1000」、その生産拠点が宇都宮市に存在する「モノづくり革新センター」だ。機械化と匠の技、その融合で最高画質製品は作られている。

[渡邊宏,TechFactory]

 パナソニックが2017年6月より販売を開始した、「ビエラ史上最高画質」(同社)をうたう4K有機ELテレビ「TH-65EZ1000」、その生産拠点が栃木県宇都宮市に存在する「モノづくり革新センター」だ。

 この拠点は各所より集積された有機ELパネルや電子部品、外装部品などを組み立て、完成品として出荷する機能を持つ。近代工場に例に漏れず工程の機械化と自動化は進んでいるが、熟練の“匠”の存在によって、製品には「日本製テレビとしての価値」が付与されている。

photo パナソニックの「モノづくり革新センター」(栃木県宇都宮市)

「道場」併設の生産拠点

 このモノづくり革新センターの開所は50年前の1967年。開所時からテレビ生産の拠点として機能し続けており、表示装置はブラウン管、液晶、プラズマ、有機ELと違うが「クイントリックス」「画王」「VIERA」といったブランドのテレビを送り出してきた。現在ではSTB(セットトップボックス)ならびにTechnicsブランドのオーディ製品もここで生産が行われている。

 TH-65EZ1000は搭載する有機ELパネルこそ他社製(LGエレクトロニクス製)だが、829万画素(4K)を1画素単位で制御できる画像処理エンジン「ヘキサクロマドライブPLUS」やパネルの特性を引き出す自発光制御/色再現技術の製品実装には、この工場が培ってきた技術が惜しみなく投入されている。

 モノづくり革新センターは生産拠点であると同時に、生産に携わる作業員の技術向上と改善もその役目としており、所長の板東弘三氏が「技術と人の融合が、高品質・高機能商品の生産を可能にした」と述べるよう、TH-65EZ1000の生産は、技術と人の高次元の融合が実現したともいえる。

TH-65EZ1000 TH-65EZ1000
photo 黒の引き締まりと色再現は大きな特徴。フラワーアレンジメントの中にTH-65EZ1000が埋め込まれている(クリックでTH-65EZ1000のみ表示)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.