ニュース
» 2017年04月21日 08時00分 公開

PTCジャパン Creo 4.0:IoT、3Dプリンタ、ARを設計業務で手軽に活用できる「Creo」がもたらす未来

フィジカルとデジタルの融合をテーマに、「Creo 4.0」で実装済みの機能および間もなく提供される新機能について、米PTC CADセグメント シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏が説明。さらに3Dプリンタ連携機能の一環として着手し始めている「トポロジー最適化」についても言及した。

[八木沢篤,TechFactory]

 PTCジャパンは2017年4月13日、同社の3次元設計ソリューション「Creo 4.0」が実現する“フィジカルとデジタルの融合”をテーマに、Creo 4.0で実装済みの機能および間もなく提供される新機能について説明を行った。

 長年にわたり、3D CADを中心とした製品設計を実現するためのツール提供および技術開発を行ってきたPTC。同社は、ここ最近のデジタルとフィジカルの融合がもたらす新しい価値への期待の高まりを受け、これらに対する投資および開発にも力を入れている。そうした中、同社が特に注目しているのが「IoT(Internet of Things)」「3Dプリンティング(付加製造)」「AR/VR」であるという。

 米PTC CADセグメント シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏は「実製品(モノ)のデータと製品設計データを結び付けることで生まれる価値、単なる試作ではなく製造手段としての3Dプリンタの可能性、そしてデジタル(CAD)データをフィジカルの世界に融合させるAR/VR技術は、これまでのモノづくりの在り方を変革し、新たな価値の創出を後押しすることになるだろう」と語る。

米PTC CADセグメント シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏 米PTC CADセグメント シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏

コネクティビティ設計を実現する新製品「Creo Product Insight」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.