連載
» 2017年03月27日 09時00分 UPDATE

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(7):ソフトウェアテストの試練(後編)―IoTとAI、ビッグデータが愛したテスト (1/4)

IoTとAI、ビッグデータが一般化した時代に求められるソフトウェアテストとは、どのようなものになるのか、今回は新時代に求められるテストの必要条件とは何かを見ていくことにする。

[五味弘,TechFactory]

 前回はテストの前提となるソフトウェア開発について、伝統的なウオーターフォール型開発からアジャイル型開発、そして新時代の開発までを紹介した。ソフトウェアテストもソフトウェア開発プロセスの一端であることから開発プロセスを振り返りつつ、ソフトウェアテストを見ていくことにする。

従来手法の怨念

 ここでは従来のソフトウェアテストをもう一度振り返ってみることにする。

 連載の第3回第4回ではウオーターフォール型開発におけるテスト手法を中心に取り上げ、第5回では工程別のテスト施策として、単体テストから結合テスト、システムテストを紹介した。そこで取り上げたウオーターフォール型開発のV字モデルを図1に示す。

図1. ウオーターフォール型開発のV字モデル

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.