連載
» 2017年03月22日 09時00分 UPDATE

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(6):ソフトウェアテストの試練(前編)―IoTとAI、ビッグデータの試練を乗り越える開発 (1/4)

IoTやAI、ビッグデータのソフトウェアテストにどんな試練と障壁が待ち受けていて、その壁は登り越えられるのか。今回から新時代のソフトウェアテストの試練について見ていく。まずはテストに深く関係する「ソフトウェア開発」について振り返る。

[五味弘,TechFactory]

 前回まではソフトウェアテストの定義から分類までを紹介してきたが、その中で新時代の開発もかいつまんで紹介してきた。そこで今回はソフトウェア開発の暗黒面を中心に見ていくことにする。

従来のソフトウェア開発に横たわる障壁

 新時代のソフトウェア開発を見ていく前に、従来のソフトウェア開発として、ウオーターフォール型ソフトウェア開発とアジャイルソフトウェア開発を振り返ることにする。

ウオーターフォール型ソフトウェア開発の真実

 ウオーターフォールとは落水(滝)のことであり、これは水は高き所(上流)から低き所(下流)へ一方向のみに流れるのが自然の摂理であり、ソフトウェア開発も上流から下流へ逆戻りせずに一方向に流れることを表している。

 このウオーターフォールでは企画・戦略の超上流から要求分析、設計の上流を経由して、製造、試験の下流へ流れて、運用の大海に流れ込む。決して、製造が終わってから、新たな要求が出ることはない。鯉のような滝登りはしない。図1にウオーターフォール型ソフトウェア開発プロセスの概要を示す。

図1. ウオーターフォール型ソフトウェア開発プロセス 図1. ウオーターフォール型ソフトウェア開発プロセス

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.