ニュース
» 2017年03月07日 08時00分 UPDATE

京セラ SIGFOX:「IoT通信料年100円」のSIGFOXがサービスイン

無線通信技術「LPWA」の1つである「SIGOFOX」のサービス提供が開始された。既にコインパーキング向け車両感知システムや宅配ピザ店の冷蔵庫温度監視などに利用されている。

[渡邊宏,TechFactory]

 IoTやM2Mでの活用が期待されている無線通信技術「LPWA(Low Power Wide Area)」の1つである「SIGOFOX」のサービス提供が2017年2月27日、東京都内にて開始された。


 サービスエリアは同年3月末までには東京23区、川崎市、横浜市、大阪市と拡大が行われ、2018年3月末までには政令指定都市を含む主要36都市、2020年3月末までに全国での提供が開始される予定となっている。

 SIGFOXはフランスのSIGFOXが提供するLPWAネットワークであり、サブGHzの周波数帯を用いUNB(Ultra Narrow Band)とよばれる変調方式で通信を行う。フランスを含めた31カ国にて運用は開始されており、日本においては京セラコミュニケーションシステム(KCCS)による独占展開となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.