連載
» 2017年02月28日 09時00分 UPDATE

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(5):ソフトウェアテストの手法と施策(後編)「テストの施策」を反省する (1/7)

何らかの判断でソフトウェアテストの手法が選択できても、「どう実施するか」の施策もまた、重要な要素である。プログラマー個人からチーム、会社レベルまで、どのような施策をもってテストを実施すべきか検討していく。

[五味弘,TechFactory]

 ソフトウェアテストの種類は多く、その選択基準は「製品とプロジェクトに依存する」ために絶対の選択肢はないことをこれまでに確認してきた。しかし何らかの基準で選択が定まれば、後は実施することとなる。ここではソフトウェアテストの施策にはどのようなものがあり、どのように施策を考え、実施していくのかを見ていく。

 施策と言っても、会社全体として経営にも影響を与える施策から、プロジェクト単位で考えて運営していくもの、個人レベルで実施する施策などがある。一方、テストの施策は大昔から行われているが、うまく行っていないところも多い。その反省の意を表すためにも過去の施策も含めて、一緒に考えていく。

 前回まではソフトウェアテストのいろいろな手法や、どういうときにどれを使えばいいのかの選択方針を見てきた。この中で会社全体のテスト方針も重要であると言ってきた。今回はソフトウェアテストを施策の面から見ていく。

 IoTやAI、ビッグデータの時代になると、テストに対する施策も変わっていく。その予告としてここでは従来のソフトウェアテストの施策を見ていくことにする。


プログラマーがこっそりと行う単体テストの施策

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.