ニュース
» 2017年01月25日 08時00分 UPDATE

Raspberry Pi Compute Module 3:組み込みフォームファクタの「Raspberry Pi 3」

200ピンSO-DIMMソケットで利用できる組み込み用ラズパイに、Raspberry Pi 3ベースの新製品「CM3」が登場した。メモリなしのバージョンも用意される。

[渡邊宏,TechFactory]

 アールエスコンポーネンツは2017年1月17日、シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi 3」をベースとした組み込みモジュール「Raspberry Pi Compute Module 3」(以下、CM3)の販売を開始した。

 2012年に教育用として開発されたRaspberry Piだが、小型かつ安価、それでいて豊富なインタフェースを備えることから産業機器向け(組み込み向け)としても高く評価され、2014年には組み込み用として同一アーキテクチャを用いた「Compute Module」も用意されており、CM3はその最新版となる。

「Raspberry Pi Compute Module 3」 「Raspberry Pi Compute Module 3」

インタフェースは200ピンのSO-DIMM、NECからは対応製品

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.