ニュース
» 2017年01月17日 07時00分 UPDATE

リコー RICOH TotalFlow BatchBuilder V2:少量多品種の印刷業務を効率化する商業印刷向けソフトウェア

リコーがオンデマンド印刷の普及によって浮上している、小ロット化や短納期化といった問題を解決するソフトウェアを販売する。

[渡邊宏,TechFactory]

 リコーはオンデマンド用ソフトウェアソリューション「TotalFlow」の新製品として、商業印刷向けソフトウェア「RICOH TotalFlow BatchBuilder V2」を2017年2月1日より販売開始する。

 オンデマンド印刷の普及によって浮上している、小ロット化や短納期化といった問題を解決するソフトウェア。少量多品種の印刷ジョブを、利用する用紙や後工程処理方法などの属性によって区別し、自動実行させる。

「RICOH TotalFlow BatchBuilder V2」 「RICOH TotalFlow BatchBuilder V2」処理概念図

 同社プロダクションプリンタ「RICOH Proシリーズ」はもちろんのこと、他社製プリンタや既存システム、各社が提供する経営情報システムなどさまざまな機器やシステムとの連携が可能で、ファイルやメッセージングプロトコルについてもXMLおよびCSV、JDFなどさまざまな情報を、人手を介さずに扱える。

 他社製ソフトウェアとの連携機能もオプションとして用意されており、自動プリフライト機能や自動面付け機能も搭載できる。面付けに関しては製本設備との自動連携を図るバーコード挿入や、複数ジョブを同一シートに印刷するギャンギング機能などにも対応し、運用の省力化を図ることが可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.