ニュース
» 2016年12月20日 08時00分 UPDATE

イーソル eT-Kernel:イーソルのRTOS開発プロセスが「IEC 62304」認証を取得

イーソルのRTOS開発プロセスが、医療機器用ソフトウェアの安全規格である「IEC 62304:2006」の認証を得た。あわせてIEC 63304の要求を満たしたRTOSの提供も開始した。

[渡邊宏,TechFactory]

 イーソルは2016年12月8日、同社RTOS開発プロセスが医療機器用ソフトウェアの安全規格である「IEC 62304:2006」(以下、IEC 62304)に準拠していることを、ドイツSGS-TUV Saarによって認証されたと発表した。これにあわせ、IEC 63304の要求を満たしたRTOS「eT-Kernel」の提供を開始した。

 IEC 62304は医療機器ソフトウェアのライフサイクルフレームワークを示した国際規格であり、ソフトウェア安全性を目的に開発及び保守に関する要求事項が規定されている。日本国内においてはJIS 2304:2012として薬機法の要求を満たす規格とされている。

 eT-KernelはオープンソースのRTOSであるT-Kernel 2.0を改良したもので、車載や産業機器、白物家電などさまざまな分野に採用されている。ベーシックなプロファイルである「eT-Kernel Compact」は機能安全規格の「ISO 26262」「IEC 61508」における最高度の安全度水準プロダクト認証も取得している。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.