連載
» 2018年04月23日 09時00分 公開

つながる世界の開発指針(3):IoTの開発現場で考慮すべき「高信頼化機能」とは何か (3/3)

[IPA/SEC 調査役 宮原真次,TechFactory]
前のページへ 1|2|3       

IoT高信頼化機能の負荷対策

 最後に「IoT高信頼化機能を実装した際の性能に及ぼす影響」について紹介する。「IoT高信頼化機能を実装したら、負荷がかかりすぎてシステムが正常に動作しなくなった」という事態は避けたいところだ。ここでは、「予兆の把握による負荷」「改修による負荷」「ログ集約・予兆の性能」の3つを考えてみたい。

1 予兆の把握による負荷

 大量のログ収集やウイルスチェック、定期診断はシステムに大きな負荷がかかる。利用時間の少ない時間帯に実行するなど、あらかじめスケジュールを設定できる機能や、実行優先度を下げて実行するプライオリティ制御などの対策を講じる必要がある。

2 改修による負荷

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading