ニュース
» 2017年04月14日 07時00分 公開

組み込みAI:インテルとAIとFPGAの関係、「組み込みAI」普及の施策 (2/2)

[渡邊宏,TechFactory]
前のページへ 1|2       

――アルテラ時代から、FPGAは「Stratix」「Arria」「Cyclone」「MAX」といったセグメントで展開されていました。エッジのAI実行環境として適するセグメントはどこでしょう。また、エッジ環境だけで学習と推論を行うことは現実的にあり得ますか?

Friebe氏 FPGAはエッジからクラウドまでいろいろな領域で利用できるデバイスです。AIの実行(ディープラーニング学習モデルの推論)という観点では、ミッドレンジからハイエンドを推奨することになると思いますが、最終的にはパワーと消費電力、価格を勘案することになります。例外は自動車です。搭載対象の位置付けとしてはエッジの領域ですが、FPGAはミッドレンジ以上の製品が選択されるでしょう。

FPGAの活用領域は広いと主張するFriebe氏 Friebe氏はFPGA活用領域は広いと主張する

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading