ニュース
» 2018年11月07日 07時00分 公開

日本テキサス・インスツルメンツ:インダストリー4.0向けの産業用グレード新型プロセッサ製品ファミリーを発表

日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、「業界初」をうたうマルチプロトコル、ギガビットTSN(Time Sensitive Networking)対応の「Sitara『AM6x』プロセッサ製品ファミリー」を発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は2018年10月31日、「業界初」をうたうマルチプロトコル、ギガビットTSN(Time Sensitive Networking)対応の新型プロセッサ製品ファミリーを発表した。

 新製品となる「Sitara『AM6x』プロセッサ製品ファミリー」は、産業用グレードの高い信頼性を提供する他、急増するインダストリー4.0への需要に対応するために開発された「Arm Cortex-A53コア」のバリアントをクアッド構成やデュアル構成で内蔵する。

高信頼かつ高機能で、安全認証が可能な製品開発に活用

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading