連載
» 2018年07月05日 09時00分 公開

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(28):危険なのはUSBメモリではなく「見知らぬUSBデバイス」だ

「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届け! 今回は、米朝首脳会談に参加したあるジャーナリストの何気ない投稿から、製造業におけるセキュリティの在り方について考えてみました。

[宮田健,TechFactory]

米朝首脳会談で配られたプレスキットに……

 2018年6月12日、シンガポールで米朝首脳会談が開催されました。歴史的なイベントで、世界中からジャーナリストが集まりました。その中でちょっと興味深いお話がありましたので、今回はそれを取り上げてみようと思います。実はこの話、製造業の皆さんも無関係ではないのです――。

 その話の発端となったのは、あるジャーナリストの何気ない投稿です。


 翻訳すると、以下のような感じでしょうか。

これは便利。#KimTrumpSummitのプレスキットには、ミニUSBファンが入っています。記事を書いている間、これをPCにつなぐと涼しく、便利です。シンガポールの気温は、33℃ほどありとても暑い。しかし、ドバイよりはまし。


 中東を中心に活動するHarald Doornbosさんのこの投稿に、どのような「問題」が潜んでいるのでしょうか。皆さんもぜひ考えてみてください。


「USBメモリ」じゃないのに危ないの?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading