ニュース
» 2018年05月23日 12時00分 公開

NEC IoT Device Security Manager:年17万円から、IoTデバイスの不正アクセスを可視化・遮断するソフトウェア

NECはIoTシステムを構成するエッジやデバイスにおいて、不正な接続や通信を見える化し、遮断できる「IoT Device Security Manager」の提供を開始した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 NECは2018年4月17日、IoT(モノのインターネット)システムを構成するエッジやデバイスにおいて、不正な接続や通信を見える化し、遮断できる「IoT Device Security Manager」の提供を開始した。年間の利用料は17万円から(税別)。今後3年間で5億円の販売を目標としている。

「IoT Device Security Manager」の機能全体像 出典:NEC 「IoT Device Security Manager」の機能全体像 出典:NEC

 専用のエージェントをIoTシステムのエッジに組み込み、許可するIP通信と非IP通信の接続デバイスをホワイトリストに登録して、エッジごとに設定する。これにより、エッジやデバイスのアクセス制御をエッジ単独で実行できる。IoTシステムのセキュリティ管理や運用を簡便にし、省力化にも貢献する。

 ホワイトリスト型のため、未登録の通信を異常なものとして検知できる。また、クラウドやオンプレミス側の端末にマネジャーをインストールすることで、IoTシステムの規模が大きくても、システム全体の通信状態をブラウザ経由で監視できる。

 IP通信に加え、従来のICTシステム向けセキュリティ対策の適用対象外である非IP通信による接続方式(USBやBluetooth Low Energyなど)のデバイスも一括してアクセス制御、異常の検知ができる。アクセス管理は、IoTシステムで使用するアプリケーション名、ドメイン名、ホスト名とその通信とを対応づけて管理可能だ。

 接続デバイスを登録するホワイトリストは、セキュリティの専門家がいなくても、マネジャー側から動作モードを設定するだけで自動的に作成できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading