ニュース
» 2018年05月11日 07時00分 公開

東京エレクトロン デバイスなど3社が連携:ユーザー負担を抑え、予知保全を実現できるIoT&AIシステム構築ソリューション

東京エレクトロン デバイス、金沢エンジニアリングシステムズ、ウイングアーク1stの3社は、生産設備の予知保全を実現する「IoT&AIシステム構築ソリューション」を開発し、提供を開始する。

[八木沢篤,TechFactory]

IoTを活用した予知保全、実現に向けた課題とは

 東京エレクトロン デバイス、金沢エンジニアリングシステムズ、ウイングアーク1stの3社は2018年5月7日、生産設備の予知保全を実現する「IoT&AIシステム構築ソリューション」を開発し、同日から提供開始することを発表した。

 製造現場におけるIoT(Internet of Things)活用を背景に、近年、生産設備の異常検知や故障予知といった予知保全への関心が高まっている。しかし、実際にIoTを活用した予知保全を実現しようとすると、多種多様な機器からのデータ収集、可視化、分析による設備の状態判別、そして一連の処理を実行するためのシステム化などが不可欠であり、そのための手間やコストがユーザーの大きな負担となっていた。


製造現場におけるIoT活用のハードルを下げるソリューションとは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.