ニュース
» 2018年04月25日 07時00分 公開

統合型セキュリティ防御システムの開発に着手:三菱が制御システム向けセキュリティでマカフィーと連携、高度化する攻撃に対応

三菱電機はマカフィーと連携し、制御システムに対するサイバー攻撃を早期検知する、統合型セキュリティ防御システムの開発に着手することを発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

重要インフラ制御システムのセキュリティ強化に向けて

 三菱電機は2018年4月12日、マカフィーと連携し、原子力発電所やプラントなどの制御システムに対するサイバー攻撃を、マカフィーから提供されるサイバー攻撃データを活用して早期検知する、統合型セキュリティ防御システムの開発に着手することを発表した。

 近年、重要インフラ制御システムへのサイバー攻撃が増加傾向にあり、実際に海外では大規模停電や設備破壊などの被害が発生している。日本国内においてもサイバー攻撃からのインフラ保護が課題となっており、原子力発電所などの重要インフラ制御システムにおけるさらなるセキュリティ強化が急務となっている。


制御システムへのサイバー攻撃を早期かつリアルタイムに検知する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.