ニュース
» 2018年04月25日 15時00分 公開

簡便かつデータ互換が可能:アンドール、2D CAD「CADSUPER Lite」2018年度版を発表

アンドールは、簡便かつデータ互換が可能な2次元CADシステム「CADSUPER Lite」2018年度版を発売した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 アンドールは2018年4月、簡便かつデータ互換が可能な2次元CADシステム「CADSUPER Lite(キャドスーパーライト)」2018年度版を発売した。


 CADSUPER Liteは、製図機能に限定したシンプルなメニュー構成で、直感的なオペレーション操作ができる。これにより、設計現場だけでなく、営業や製造現場などでも幅広く使える。

 最新の2018年度版は、64Bit OSに完全対応。利用メモリ制限をなくすことで、ストレスなく3Dデータの投影図が作成できる。また、同一図面内の複数の印刷範囲を登録できる機能を搭載した。1画面で組図、部品図を作成し、設計作業の後すぐに、必要な図面を連続で出力できる。

複数図面範囲指定印刷機能 出典:アンドール 複数図面範囲指定印刷機能 出典:アンドール

 グループ認識機能では、図面内で必要形状を選択すれば、部品登録しなくても組図と部品図が連動する。修正要素を選択すると同じ形状がハイライト表示され、すぐに修正作業ができる。

 オプションで、検査寸法表ツールVer1.3に対応。同ツールは、CAD図面内の複数の図形を囲んで選ぶだけで、図形ごとに寸法線属性を自動抽出し検査表を作成する。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.