ニュース
» 2018年04月03日 09時00分 公開

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(25):従業員による社内データの持ち出しを防ぐには? 工作機械大手の事例から学ぶ

「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策。しかし、堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学をお届け! 今回は、従業員による機密情報の持ち出し(情報漏えい)について紹介します。

[宮田健,TechFactory]

DMG森精機のリリースから読み取れるもの

 少々気になる事件がありました。工作機械大手のDMG森精機が2018年1月に「弊社社員による製品据付情報持ち出しについて」というリリースを発行しています。これは、同業他社に転職しようとしていた当時の社員が、社内のデータを持ち出そうと画策したという事件でした。持ち出そうとしていたのは、DMG森精機の製品がどこに納入されていたのかという重要な情報です。


>連載バックナンバー

 ITが関係する事件は、何も外部からのサイバー攻撃だけではありません。情報漏えい事件は「内」からも発生する可能性があります。特に最近では、退職、転職時に情報を抜き出し、それを持ち帰ってしまうことや、情報自体を転職先に売り込むといった行為も散見されます。そういう意味では、このDMG森精機の事件もある意味“よくある事件”といえます。

 しかし、このリリースにはちょっと感心する“続き”がありました。その点について、リリースでは下記のように述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading