ニュース
» 2017年11月28日 09時00分 公開

PTC ThingWorx/Vuforia:「ThingWorx」はインダストリアルイノベーション基盤へ、IoT×ARがもたらす世界 (1/2)

米PTC社長兼CEOのジェームス・E・ヘプルマン氏が都内で記者説明会を開き、同社の産業向けIoTプラットフォーム「ThingWorx」とAR開発プラットフォーム「Vuforia」による、“フィジカルとデジタルの融合”の意義と実例について紹介した。

[佐々木千之,TechFactory]

 PTCジャパンは2017年11月9日に同社で記者説明会を開催、米PTC社長兼CEOであるジェームス・E・ヘプルマン氏は、産業向けIoTプラットフォーム「ThingWorx」とAR(拡張現実)開発プラットフォーム「Vuforia」の組み合わせによって、現実世界(フィジカル)とデジタル情報を有機的に融合させることができるとして、製品開発から製造運用、物流、マーケティング、人材教育に至るまで多くの事例を紹介した。

米PTC社長兼CEOのジェームス・E・ヘプルマン 米PTC社長兼CEOのジェームス・E・ヘプルマン氏

 近年PTCが掲げているテーマ「フィジカルとデジタルの融合」の重要性について、ヘプルマン氏はこう説明する。2Dのディスプレイから提供されるデジタル情報は増加の一途(いっと)をたどっており、人間がそれら膨大な情報を理解し3Dの現実世界に変換するための労力は、大きな負荷となって他のタスクに使うべき能力をそいでしまっているという。例えばカーナビゲーションが交差点を曲がる指示を出したとき、ドライバーは画面を現実世界に置き換えて曲がる位置を判断するが、これは判断ミスや安全性のリスクとなり得る。ドライバーの視界に、AR技術によって直接デジタル情報を重ねることができれば、ミスを減らし対応力の向上が図れるというわけだ。

 PTCが注目するARの機能は大きく3つある。現実世界では見えないモノの可視化、他の人間からの指示や作業マニュアルなどを分かりやすく見せる作業指示、現実の製品の操作をハードウェアのボタンやキーボードなどを使わずに仮想ユーザーインタフェースで行う双方向性だ。さらにVRが加わると、現実の距離や時間、大きさなどの制限を超えたシミュレーションまで可能になる。

ARとVRがもたらす機能 ARとVRがもたらす機能

 これら全てを実現するのがThingWorxとVuforiaの両プラットフォームであるが、当初PTCではThingWorx/Vuforiaは製造現場やアフターサービスの分野で使われる機会が多いとみていた。ところが、ThingWorx/Vuforiaの顧客107社を対象に利用シーンに関するアンケート調査を実施したところ、製造現場やアフターサービスはもちろんのこと、製品開発やセールスマーケティング、教育分野など、バリューチェーンのほぼ全ての場面で広く使われていたことに驚いたという。

PTCがThingWorxの顧客107社に、ARを何に使っているか尋ねたアンケートの結果。バリューチェーンの全般に大きな偏りなく利用されている(または利用したいと考えている)ことが分かる PTCがThingWorxの顧客107社に、ARを何に使っているか尋ねたアンケートの結果。バリューチェーンの全般に大きな偏りなく利用されている(または利用したいと考えている)ことが分かる

フィジカルとデジタルの融合事例(前編)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading