ニュース
» 2017年10月16日 12時00分 公開

キヤノン MM100-WS:APIも公開予定、キヤノンから業務用の小型多目的モジュールカメラ

キヤノンは、小型多目的モジュールカメラ「MM100-WS」を発表した。カメラ本体が40×21.6×40mmと小型で、1ルクス程度の低照度環境下でも撮影できる。さまざまな環境に対応するカメラとして、カスタマイズにも対応する。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 キヤノンは2017年9月、小型多目的モジュールカメラ「MM100-WS」を発表した。カメラ本体が40×21.6×40mmと小型で、1ルクス程度の低照度環境下でも撮影が可能。同社では、配管内の点検や狭いスペースでの監視、車載用カメラ、映像制作機材、各種作業支援など、新たなビジネスでの活用を見込む。

「MM100-WS」 「MM100-WS」を用いたビジネスのイメージ

 カメラ本体とあわせて、防塵(じん)/防滴性能や堅牢性を高めるための各種モジュール、アクセサリー、ソフトウェアなども開発・公開する。ユーザーの要望に応じてAPI(Application Programming Interface)の公開も予定しており、幅広いソリューションで同カメラを活用できる。これら各種モジュール、APIなどをカメラと組み合わせることで、さまざまな環境に対応するカメラとしてカスタマイズができる。

 同社は、長年培ってきた光学技術やセンシング技術を生かし、新しいイメージングソリューションビジネスの提案を進めている。MM100-WSは、その第1段階として開発された。今後「テロ対策特殊装備展'17」や「Inter BEE 2017」といった展示会において、MM100-WSの活用事例を参考展示する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.