ニュース
» 2017年09月08日 18時00分 公開

特選ブックレットガイド:国内3Dプリンティング市場の現状と将来展望

3Dプリンタ関連の市場環境はどうなっているのか? IT専門調査会社のIDC Japanは、国内3Dプリンティング市場における2014〜2016年までの推移と実績、そして2021年までの市場予測を発表した。

[TechFactory]

 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」で掲載された主要人気連載/特集記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集してお届けする「エンジニア電子ブックレット」。今回は、『国内3Dプリンティング市場、最新動向』をご紹介します!

特選ブックレットガイド

国内3Dプリンティング市場、最新動向

 IDC Japanは、国内3Dプリンティング市場における2014〜2016年までの推移と実績、そして2021年までの市場予測を発表。3Dプリンタの本体出荷台数が低迷している実情をグラフで示した。

国内3Dプリンタ本体出荷実績(台数)2014〜2016年 ※出典:IDC Japan 国内3Dプリンタ本体出荷実績(台数)2014〜2016年 ※出典:IDC Japan

 IDCでは、50万円以下の3Dプリンタを「デスクトップ」、50万円以上を「プロフェッショナル」と分類している。出荷台数の落ち込み傾向は、両分類ともに共通であるものの、特にデスクトップ3Dプリンタの方が落ち込みの度合いが顕著であり、その傾向はしばらく続くと予想する(詳しくはブックレット本文にて)。

 本ブックレットでは、3Dプリンタ本体出荷台数の落ち込みの理由、そして今後の成長が期待される受託造形サービスおよび保守サービス、造形材料に関する市場動向/将来予測について、IDC Japanのアナリストが詳しく解説している。


電子ブックレットのダウンロードはこちらから

電子ブックレットのダウンロード

 本電子ブックレットは、TechFactoryで掲載されたニュース記事「3Dプリンタ市場は『終わった』のか?」を基に制作しています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.