ニュース
» 2017年08月24日 08時00分 公開

三菱電機 FA-ITオープンプラットフォーム:日本オラクルと三菱電機、製造業のスマート化推進に向けIoT基盤開発で連携

日本オラクルは三菱電機と連携し、製造業のスマート化を実現するIoT(Internet of Things)基盤開発に取り組むことを発表した。

[八木沢篤,TechFactory]

 日本オラクルは2017年8月8日、三菱電機と連携し、製造業のスマート化/スマート工場を実現するIoT(Internet of Things)基盤の開発に取り組むことを発表した。

 具体的には、三菱電機が提案する、製造業におけるビジネスアプリケーションとデバイスとの間に位置するエッジ領域のオープンソフトウェアプラットフォーム「FA-ITオープンプラットフォーム」と、オラクルのクラウドサービスを連携させ、生産現場のデータ収集、分析、改善を支えるシステムの短期構築を実現し、製造業におけるIoT活用の推進に貢献する。

FA-ITオープンプラットフォームの概要 FA-ITオープンプラットフォームの概要(出典:三菱電機)

 現在、製造現場では「インダストリー4.0」への関心が高まっており、IoTを活用することで製造現場のあらゆる設備・機器からデータを収集し、それを分析することで、製造現場の全体最適化を図りたいという要求が多く挙げられている。しかし、IoTシステムの構築には、既存設備を含む多種多様な生産設備からのデータ収集と、収集したデータを分析しやすいようにモデル化することが不可欠であり、それが大きな課題となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.