ニュース
» 2017年08月23日 12時00分 UPDATE

日本TI DLP2000チップセット/DLP LightCrafter Display 2000 EVM:小型ディスプレイ設計を支援するDLPチップセット

日本テキサス・インスツルメンツは(日本TI)、スマートフォンやタブレット、制御パネルなどの小型ディスプレイの設計を容易にする「DLP2000チップセット」(DLP:Digital Light Processing)と評価モジュール「DLP LightCrafter Display 2000 EVM」を発表した。

[提供:EDN Japan編集部,TechFactory]

 日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は2017年8月、スマートフォンやタブレット、制御パネルなどの小型ディスプレイの設計を容易にする「DLP2000チップセット」(DLP:Digital Light Processing)と評価モジュール「DLP LightCrafter Display 2000 EVM」を発表した。

評価モジュール「DLP LightCrafter Display 2000 EVM」 評価モジュール「DLP LightCrafter Display 2000 EVM」

 DLP2000チップセットは、0.2型のDLP2000 DMD(デジタルマイクロミラーデバイス)、DLPデジタルディスプレイコントローラー「DLPC2607」、電源管理およびLEDドライバー「DLPA1000」で構成される。

 同チップセットを搭載したDLP LightCrafter Display 2000 EVMは、8、16、24ビットのパラレルRGBビデオインタフェースやI2Cなどを備え、最大24ビットのRGBに対応するさまざまなプロセッサに接続できる。

 また、プログラミングを容易にするソフトウェアドライバー群、TIのシングルボードコンピュータ「BeagleBone Black」向けのコード例も付属。開発者は、新しいアプリケーションへ高性能のDLP Picoディスプレイを簡単に実装できるようになる。

 DLP2000の参考価格は19.99米ドルで、DLP LightCrafter Display 2000 EVMは99米ドルとなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.