ニュース
» 2017年07月31日 08時00分 UPDATE

Marvell 88Q5050:自動運転車で「成り済まし」の危険性、セキュアな車載GbEスイッチが必要な理由

ファブレス半導体ベンダーのMarvellが、車載向けのセキュアギガビットイーサネット(GbE)スイッチを発表した。ADASや自動運転の普及に備えた、次世代車載ネットワークの普及をにらむ。

[渡邊宏,TechFactory]

 車載ネットワークとしてはCANやLINなどが以前より使われており、長年の積み重ねから高い信頼性と多くの採用を獲得している。しかし、カメラやセンサーを多数搭載することから膨大なデータが発生するADASや車外ネットワークとの接続を考慮すると、より広い帯域幅を持つ次世代車載ネットワークを検討すべきという声も挙がっている。

 ファブレス半導体ベンダーのMarvellは2017年7月24日(米国時間)、車載向けのセキュアギガビットイーサネット(GbE)スイッチSoC「88Q5050」を発表した。車載イーサネットを流れるパケットをリアルタイムでフィルタリングする「Deep Packet Inspection」などを備え、自動運転やコネクティッドカーなどで重要性を増す車載セキュリティを高める製品として訴求する。

「中間者攻撃がクルマに向けて行われてもおかしくない」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.