特集
» 2017年07月06日 09時00分 UPDATE

DMS2017 オートデスク ユーザートークショー:あらゆる産業がモノづくりをビジネスに!? これからの製品開発と設計者の役割 (1/2)

3Dプリンティングやクラウドといった技術の進化により、モノづくりを取り巻く環境が大きく変わろうとしている。「ものづくりの民主化」を推進するカブクの横井康秀氏がオートデスクのユーザートークショーに登壇し、同社の取り組み、これからの製品開発やデザイナー(設計者)の役割について語った。

[八木沢篤,TechFactory]

 近年、大規模な製造設備を持たないスタートアップやベンチャー企業、あるいは個人でも、モノづくりの世界に挑戦できる土壌が整いつつある。こうした変化の背景にあるのが、3Dプリンティング技術とクラウド技術の発展だ。

 先日開催された「第28回 設計・製造ソリューション展DMS2017)」(会期:2017年6月21〜23日)に出展したオートデスクは、自社ブース内のステージでユーザートークショーを開催。カブク インダストリアルデザイナー オープンイノベーション推進事業 事業責任者の横井康秀氏が「ものづくりの民主化とクラウドが変える製品開発」というテーマで、カブクが推進する「ものづくりの民主化」、そしてこれからの製品開発やデザイナー(設計者)の役割について語った。

「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)」に出展したオートデスクのブース。会期中、ステージでは多数のプレゼンテーションが披露された 「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)」に出展したオートデスクのブース。会期中、ステージでは多数のプレゼンテーションが披露された



「ものづくりの民主化」を目指すカブクとは?

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.