ニュース
» 2017年06月22日 08時00分 UPDATE

横河M&I DL350:計測と記録を「現場」で手軽に、バッテリー駆動のスコープコーダ

横河メータ&インスツルメンツがオシロスコープとデータロガー(レコーダー)の特徴を兼ね備えた「スコープコーダ」の新製品を販売開始した。特長を生かしながら小型軽量化を進め、バッテリーを内蔵したことで現場での測定と記録が容易になった。

[渡邊宏,TechFactory]
“スコープコーダ”「DL350」 “スコープコーダ”「DL350」

 横河メータ&インスツルメンツは2017年6月12日、オシロスコープとデータロガー(レコーダー)の特徴を兼ね備えた「スコープコーダ」の新製品として「DL350」を発表、同年6月13日より販売を開始した。

 新製品は上位機種「DL850E/DL850EV」から重量をおよそ半減した3.9kgという軽量化と、内蔵式駆動バッテリーの採用によって、製品の稼働確認や保守点検、トラブル発生時の現場などでの使い勝手を大幅に高めている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.