連載
» 2017年05月29日 09時00分 UPDATE

IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト(11):ソフトウェアテストの未来(後編)――テストが開く明日への扉 (1/5)

AIが一般化してもソフトウェアテストを取り巻く環境は厳しいままなのだろうか?ソフトウェアテストの過去をひもときながら、その未来を予想する。完全自動のテスト、あるいはテストのいらないプログラミングは実現するのだろうか。

[五味弘,TechFactory]

 ソフトウェアがIoTやAI、ビッグデータとの関係が密接になっていく時代、ソフトウェアテストはどうなるのか。テスト手法自体はいままで同じながらその規模は爆発的に増大し、複雑さを増しながら発展していくのか。それとも時代に即した新しい手法が編み出され、完全自動テストが実施される世界が待っているのか。さらにテストを必要としない夢のようなプログラミング手法が登場するのか。AIによってソフトウェアテストは変わるのか。今回はテストの未来を見ていくことにする。

ソフトウェアテストの過去

 ソフトウェアテストの未来を見ていく前に過去を振り返ってみよう。テストの過去からテストの未来を俯瞰できるかもしれない。まずはテストの歴史の概要を図1に示す。

photo 図1. テストの歴史

1970年代――テスト原始時代

 その昔、プログラミングを紙カードや紙テープで行っていた時代は、プログラミングはコストの掛かるものであった。このためプログラムを作りながらテストしてデバッグすることは金持ちでもできず、多大な時間を消費し、机上でプログラムコードをテストしていた。

 これは今でいうソースコードレビューのような生やさしい話ではなく、まさに自分がコンピュータになりきり、実行タイミングも考慮して、レジスタの値もちゃんと把握しながら机上テストをしていた。当時の達人が書いたプログラムは、大型計算機に掛けたのちにバグが出るなどということは決してしなかった。計算機に出るバグは恥だったのだ。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.