ニュース
» 2017年04月14日 09時00分 UPDATE

ルネサス e-AI:稼働中の産業機器にAIを「追加」で実装、組み込みAIを実現

新規ではなく「追加」で、人工知能による予防保全を実現するソリューションをルネサスが発表した。組み込み機器でのAI利用を容易にする「e-AI」によるものだ。

[渡邊宏,TechFactory]

 稼働中の産業機器に追加搭載することで、人工知能を活用した予防保全を実現するソリューションをルネサス エレクトロニクスがプライベート展「Renesas DevCon Japan 2017」にて紹介した。新たに発表した、ディープラーニングの学習結果を組み込み機器に実装する「e-AI」によるもので、このe-AIは2017年6月より正式版を提供する。

ルネサス エレクトロニクスがプライベート展で紹介した、産業機器へのAI後付け実装デモンストレーション ルネサス エレクトロニクスがプライベート展で紹介した、産業機器へのAI後付け実装デモンストレーション
検査機器のベルトコンベヤーに取り付けられた振動センサーからの入力を、現場に取り付けられたAIユニットが判断して予防保全を実現する。AIユニットに用いられているマイコンはRG/T1 検査機器のベルトコンベヤーに取り付けられた振動センサーからの入力を、現場に取り付けられたAIユニットが判断して予防保全を実現する。AIユニットに用いられているマイコンはRG/T1

 e-AIは同社MCU/MPU統合開発環境(IDE)である「e2 studio」にプラグインを用意し、CaffeやTensor Folwといったディープラーニングの学習結果を、GUI操作にて同社マイコンへ実装する。組み込み機器への学習結果実装をIDEから行える環境を用意することで、AI(正確にはディープラーニング)の利用を身近なものとする狙いだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.