ニュース
» 2017年03月14日 08時00分 UPDATE

NextDrive「NextDrive Wi-SUN Cube」:積み木のようなIoTゲートウェイ、Wi-SUN対応でHEMSの中核に

台湾のベンチャー、NextDriveが電気プラグ型の小型IoTゲートウェイを販売開始する。ロームのWi-SUNモジュールを搭載し、家庭内での需要増の見込まれるWi-SUNを利用したHEMSに中核を担う。

[渡邊宏,TechFactory]

 台湾のベンチャー企業、NextDriveは電気プラグ型の小型IoTゲートウェイ「NextDrive Wi-SUN Cube」を2017年4月より販売開始する。ロームのWi-SUNモジュール「BP35C0」を採用し、HEMSの中核としても機能する。TELECならびPSE、VCCIの認証も得ており、日本国内でも問題なく利用できる。

「NextDrive Wi-SUN Cube」 「NextDrive Wi-SUN Cube」

 NextDriveは本体をそのままコンセントに差し込むことができる、小型のIoTゲートウェイ。用意されているUSBポートにストレージやカメラ、温湿度センサーなどを差し込むことでさまざまな機能拡張を行える。

 既存モデルは無線接続としてWi-FiならびBluetoothを搭載していたが、新製品のNextDrive Wi-SUN Cubeでは新たにロームのWi-SUNモジュール「BP35C0」を搭載することでWi-SUNならびECHONET Liteに対応、スマートメーターやスマートホームといったHEMSに欠かせない家庭内機器のゲートウェイとして動作する。

家庭内での利用イメージ 家庭内での利用イメージ

電力10社が採用、需要増が見込まれるWi-SUN

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.