ニュース
» 2017年02月22日 15時00分 UPDATE

東芝ソリューション販売/小田急バス 部品管理システム:バス車両部品の一元管理を行うシステムが本格稼働、過剰在庫の削減などに貢献

東芝ソリューション販売は、同社が小田急バス向けに構築したバス車両部品の全社一元管理を行う「部品管理システム」が、本格稼働を開始したことを発表した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 東芝ソリューション販売は2017年1月、同社が小田急バス向けに構築したバス車両部品の全社一元管理を行う「部品管理システム」が、本格稼働を開始したことを発表した。


 同社の物流在庫管理パッケージで構築され、リアルタイムで拠点別の車両部品の在庫数を把握できる。小田急バス部品センターを中心とした小田急バス全社での車両部品の適正在庫コントロールと連動し、6地域ある営業所併設の整備工場の車両部品をハンディターミナルを利用したバーコードで管理することで、小田急バス全社での車両部品の一元管理が可能になった。

 同システムにより、在庫確認の業務コスト削減、過剰在庫の削減、請求内容の帳合作業効率、棚卸業務効率などが向上した。また、整備担当者からの要望に対し、迅速かつ的確な対応が可能になった。さらに、整備管理や車検管理システムとも連動し、安全運行の強化や配車などのバスサービスの向上にも貢献する。

システム利用イメージ システム利用イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.