ニュース
» 2017年02月17日 15時00分 UPDATE

アビームコンサルティング IoT Data-Driven Manufacturing Solution:短期間・低コストで、生産現場と製品のIoT化を支援するソリューション

アビームコンサルティングは、製造業の生産現場と製品のIoT化を支援する「IoT Data-Driven Manufacturing Solution」の提供を開始した。

[提供:MONOist編集部,TechFactory]

 アビームコンサルティングは2017年1月、製造業の生産現場と製品のIoT(モノのインターネット)化を支援する「IoT Data-Driven Manufacturing Solution」の提供を開始した。活用シナリオとデータ分析モデル、同社で構築したIoTプラットフォーム、データ分析・活用方法論で構成され、短期間・低コストでIoTを導入できる。IoT導入トライアルサービスは、標準モデルで450万円。2017年度中に10件の導入を目指す。


 同ソリューションは、エンジニアリング改革を対象とし、一定期間のトライアル体験による具体的なイメージを基に、データ収集・分析に対する業務改善、「モノ」から「サービス」の提供へと転換するためのサービスやビジネスモデル開発を効率よく進められる。

 IoT導入検証トライアルサービスでは、IoTの導入アプローチとメリットを30日間体験できる。まず、ビジネス・デジタルテクノロジー動向の研修と、企業が蓄積しているデータの活用状況や業務課題を確認するワークショップを行い、取り組みのテーマを決定する。その後、テーマに応じて同社が所有するIoTプラットフォーム環境、簡易なデータ分析をサポートするためのライブラリ群、分析モデルを組み合わせ、実データを使用した分析とモデル構築を行う。

 IoTデータ分析・機械学習活用プラットフォーム構築支援サービスでは、同社のAIツール「HyperCube」と機械学習を組み合わせ、企業の蓄積データを異なるアプローチで分析する。データの傾向と現実で起こる事象をコンサルタントチームが照らし合わせ、これまで気付かなかった発生頻度の低い異常の検知や故障の予測、新たな製品不具合要因の検知、消耗品や部品交換の予測などを導き出す。

 IoT活用プロセス内製化推進サービスでは、データ分析や業務の改善点とその効果の見極めを行うプロジェクト型の取り組みを通じて、現時点での企業のスキルと今後必要となるスキルの差を把握し、内製化への仕組み作りを支援する。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.